インプラントに伴う骨移植について

 

 

GBR

インプラント治療を行う際に軽度の骨量不足の症例に使う術式です。骨の足りない部分に人工的な骨の粉末を補填し、骨造成シートを載せます。何ヶ月かすると骨が再生し、元のように骨に厚みが出てきます。

 

ソケットリフト

 

上顎の中度の骨量不足の症例に使う術式です。まずインプラントを入れたい部分に小さい穴をあけます。その穴へ、オステオトームという、ノミの様な器具を入れ、マレットという木槌の様な器具でトントン叩き、上顎洞底にヒビを入れます。

 

開けた穴に人工骨の粉末を入れ、再びオステオトームとマレットを使って押し込み、ヒビの部分から必要な量の人工骨を、膜と骨の間に入れていきます。また、最初は細いオステオトームから徐々に大きいオステオトームに替えて穴を大きくしていくのですが、この作業をすることによって、周りの骨が圧縮されて密度が高くなり、インプラントを固定するのに適した骨の硬さになることも期待されます。この穴へインプラントを埋め込み、骨造成シートを被せ、歯肉を閉じて終了です。

 

 

サイナスリフト

 

サイナスリフトとは、インプラントを埋入する際、インプラントの長さに対して骨の厚さが足りない場合に、人工的な骨を入れて骨の厚さを補う術式です。

 

 

 

 

 

 

 

鎌倉市藤沢市でインプラントをお考えなら

 

医療法人社団SDO清水歯科藤沢院

〒251-0023  神奈川県藤沢市鵠沼花沢町2−3PHビル4F

 

☎0466-52-5537